■中国の石碑■

当該ページの最終更新日=2009.10.23





石碑/中国の石碑たち
~石碑について学ぼう~




『碑』とは前人の勲功を後世に伝えるため、堅石に文を刻み建てたものをいう

石碑自体はドルメンの進化版とお考えいただくと良いだろう…と私は考える。

中国碑の祖とされる石碑は1996年に河南省新鄭の黄帝故里より西に
600メートルほどの場所で発見された『中華第一碑』と称される無字碑とされる。
もっとも、黄帝は伝説上の人物であるが、
この地は戦国期に韓の城があった場所で、場内韓国宗廟の遺跡より出土している。
花崗岩質の石で高さ326㎝ 碑幅45㎝ 、中心下部に圓孔がみられる。
しかしながらこのドルメンは「碑」とは異なり、天文観測の日晷という見方が強い。



左:黄帝故里前庭に置かれているレプリカ
右:ある場所に保管されている本物の中華第一碑



一般に碑身は縦長の方形。碑首は方形、半円形、圭形(三角形状)などがみられる。
碑文は表(碑陽)のみ刻まれているもの、表と裏(碑陰)の両面、側面(碑側)も入れて
四面のものもある。漢から北魏あたりでは稀に碑首中央に穿(せん)と呼ばれる
圓孔が見られるものもある。

この漢碑や古代碑は、下記に挙げたような碑とは異なり、
単純な石碑と思っていただけるとよいだろう。
三国を経て、南北朝時代以降は「各部の名称」で記したような
碑首・碑身・碑座という主要三部分からなる石碑が確立する。


各部の名称
碑額
碑陽/碑側/碑陰
亀趺(きふ)
碑首
碑身
碑座/碑趺


碑首 碑首は碑額のみの場合と、碑額の周囲に装飾がほどこされたものがある。時代が新しくなるにつれその龍や蛟(みずち)、虎、鳥、麒麟などの装飾が派手になる(もちろん要碑の差もあるが)。碑額の文字は碑文よりも大きく、中には20倍の大きさというのもある。同書体のものもあるが、碑額部分を古い書体を用いている場合が多い。
碑身 碑身には碑文が刻まれている。書の世界ではこの部分のみが重要視されているが、もう少し余裕をもち上下左右をみる心構えで鑑賞したいものだ。様々な理由からまっさらな状態(無字碑)のものも見られる。明代以降では多くの碑左右側面に植物などの装飾が見られる。
碑座 碑座(または碑趺)は南北朝以前のものは方形台座はみられるものの、装飾系碑座はほとんど見られない。私の大好きな亀趺(きふ)の確立は唐代といえるだろう。碑首の装飾も同様だが、同じ顔をした亀首や蛟首は無くどれも愛嬌がある。この亀甲拓本を収集したいところだ。



碑首のいろいろ
〔東漢156〕 礼器碑 〔東漢158〕 鄭固碑 〔東漢164〕 孔宙碑
〔東漢185〕 鄭季宣碑 〔東漢168〕 衡方碑 〔東漢186〕 張遷碑
〔西晋〕 侯村失名墓神道石柱(参考) 〔南梁〕 梁文帝肖順之建陵墓石柱(参考) 〔北魏519〕 賈使君碑
〔北斉〕 蘭陵王碑 〔隋611〕 陳叔毅修孔子廟碑 〔唐744〕 大乗寺碑
〔唐745〕 石台孝経碑 〔南宋1167〕 大乗寺鋳鐘銘碑 〔金1182〕 大金重修東岳廟之碑
〔元〕 天歴家譜碑 〔元〕 孔子加号碑 〔明〕 韓城県儒学記碑
〔明〕 漢寿亭碑 〔明〕 茂陵聖德碑 〔明〕 レイ泉碑・・・サンズイ+豊
〔清〕 漢光武帝墓碑 〔清〕 万佛楼石碑 〔清〕 張照書韓愈石鼓歌碑
〔清乾隆1795〕 宋人府領恩碑 〔民国1934〕 金韵梅墓碑 〔民国〕 馬駿墓碑
〔近代〕 大禹廟遺蹟紀念亭碑 〔近代〕 元大都遺構碑 〔近代〕 阿倍仲麻呂詩碑



碑座のいろいろ
〔南梁〕 梁文帝肖順之建陵墓碑 〔隋唐〕 揚州城残碑座 〔北宋〕 篆書千字文序碑
〔南宋〕 失名墓碑 〔元〕 孔子加号碑 〔明〕 成化碑
〔明〕 ユウ里城記碑失碑身 〔明〕 岳廟題名碑 〔明〕 趙武霊王叢台遺跡碑
〔清〕 福陵聖德碑 〔清〕 孔廟雍正御碑碑 〔清1750〕 巡視永定河御制碑
〔清1906〕 慧仙女工学校碑 〔民国〕 袁世凱墓碑 〔民国〕 馬駿墓碑



石碑の種類
①墓碑
石碑中最も多いものがこの「墓碑」。
碑文には死者の姓名、生年没年、仕事や人柄、
家族のことや墳墓の位置などが刻まれている。
皇帝や貴族の墓など規模が大きなものには
「神道碑」や「聖徳碑」などが見られ、これらも
墓碑の一種である。
北京では「耶蘇会士墓碑」も多く見られる。
耶蘇会とは日本で言うところのイエズス会だ。
②功徳碑
紀念碑の一種であり、教育や事業に対して
貢献した人物や機関を表敬する意味で建てら
れた石碑。「重修○○記碑
(○○は廟や建造物)
や「○○封碑
(○○は人物名)」もこの類の仲間。
③学校碑
古代中国には中央と府・州・県に学校が置かれ、
多くの場合、孔廟と同居または隣接していた。
隋代が始まりとされる科挙の合格者名を記した
「進士題名碑」や孔子を讃えた石碑、学校制度
を記したものなど様々である。
④紀功碑
いわゆる戦争勝利記念碑のこと。
主に祖国統一や民族団結を目的とした戦役を
記したもの。碑文内容は様々で、『戦役』説明と
いうよりは関わった人物を讃えるものや
遠征時の兵威や兵役制度、辺防のための
長城修築、勝利後の城郭整備内容など。
⑤水利碑
正式には「城建水利工程碑」と言われ、その名
の通り大規模な工事が行われた際に建てられた
もの。竣工期日や工程内容、携わった機関や
人物などが記され、その城市の歴史を知る上で
非常に貴重な文献とされる。
⑥宗教碑
佛教・道教・伊斯蘭教・西蔵仏教などの
宗教施設に建てられた石碑を指す。
場所は佛寺・道観・教堂・礼拝堂・宗教墓地。
施設の創建紀念や寺院修繕時の記碑、
宗教活動を記したもの、高僧招聘時のものや
宗教節時を記したものなど様々である。
⑦会館碑
この碑が見られるのは、北京や古代王朝が
置かれていた場所に限定される。北京の場合、
歴代科挙試験が行われる際に地方ごとに
宿泊施設や教鞭の場が設けられたことに
始まる。省や府、州の名の付いた会館碑を
見ることができる。



探究心はどこまでも…
中国には碑林と呼ばれる屋内外の施設が200以上も存在する。
その殆どが屋外展示であり、文物にとっては悪い環境であるが、
鑑賞にはもってこいだ。余裕があったらその碑林の周囲を散策してみよう。
必ずと言っていいほど修復工房があるはずだ。
文物管理所や施設裏庭などがそれにあたる。

唐代以前の残碑にはなかなかお目にかかれないが、
ここでは多くのことを学べるに違いない。
運がよければ修復作業風景もみることができる。
また、新碑作製現場に遭遇するかもしれない。
最近は電動工具が用いられることも多いが、
要碑であれば手刻作業が見られるだろう。

ゴロゴロ転がっている文物ならば管理処の採拓許可を得やすい。
お気に入りの書体を見つけたらあなただけの拓本を作ってみては?




ご質問・ご要望等はコチラからご連絡ください



ページの先頭へカエル